仏ロレアル、一部商品から「白い」の文言削除へ

2020/6/28 3:30
保存
共有
印刷
その他

ロレアルは一部商品に「白い」などの言葉を使わないと発表した(仏ニースの同社店舗)=ロイター

ロレアルは一部商品に「白い」などの言葉を使わないと発表した(仏ニースの同社店舗)=ロイター

【パリ=白石透冴】化粧品世界最大手の仏ロレアルは27日、肌の手入れに関わる一部商品について「白い」「明るい」などの言葉を使わないと発表した。世界で人種差別反対の声が高まる中、白い肌が優れているとの印象を与えないためとみられる。米国での5月の黒人暴行死事件以来、各社が対応に追われている。

「当社は肌の色をそろえるために使う全ての商品からホワイト、フェア(色が白い)、ライト(明るい)の言葉を除くことを決めた」などとの声明を27日に出した。仏メディアが報じた。

既に店頭に並んでいる商品の取り扱いや、日本の商品が該当しているかは分かっていない。

米医薬・日用品大手のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)もアジアと中東で売っている一部商品が白い肌を推奨していると受け止められかねないとして、既に販売中止を発表している。

米ウォルト・ディズニーは25日、人気アトラクション「スプラッシュ・マウンテン」の設定が黒人の歴史への誤解を生むとの指摘を受け、変更の方針を明らかにした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]