/

この記事は会員限定です

内需企業にもPCR検査需要 経済再開で感染リスク意識

日経調査

[有料会員限定]

経済活動が再開に向かう中、社員の感染防止の観点から内需系企業にもPCR検査需要が出ている。国内の第2波の到来や拡大も懸念される中、移動などの規制が全面的に解除され社員の「感染リスク」に敏感にならざるを得ない。ただ、利便性の低さや高額の検査費用などが制約となり検査に踏み切れない企業が多い。検査体制の充実を急がないと、企業活動の足かせになりかねない。

「社員の健康を守ることが第一義。事業継続の観点か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン