茨城で初の豚熱感染確認 取手、野生イノシシ1頭

2020/6/27 21:31
保存
共有
印刷
その他

茨城県は27日、同県取手市で死んでいた野生イノシシ1頭の豚熱(CSF)感染を確認したと発表した。県内での感染確認は初めて。

県によると、イノシシは25日午後、利根川河川敷で見つかり、27日の検査で感染が確定した。見つかった場所は千葉県との県境付近で、半径10キロ圏内のうち、千葉県側には養豚場が存在するが、立ち入り検査で異常は確認されなかった。茨城県側には存在しない。

今年2~5月、県は感染予防のため、県内の豚約31万頭にワクチンを接種していた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]