「ドイツのジョブズ」裏の顔 ワイヤーカード前CEO

2020/6/28 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

不正会計と市場操作の疑いで逮捕されたワイヤーカードのマークス・ブラウン前最高経営責任者(CEO)にとって、2018年9月にドイツ主要30銘柄(DAX30)に入ったことさえも通過点のはずだった。ノーネクタイでテレビカメラの前に立つと、にこりともせずにこう言い放った。「我々の前には途方もない成長曲線がある」

【関連記事】
・「独ワイヤーカードが破産申請 不正会計で債務超過」
・「フィンテック初の大型破綻 …

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]