米の新規感染、再び最多 テキサスなど飲食店を再規制

2020/6/27 6:10 (2020/6/27 7:49更新)
保存
共有
印刷
その他

アルコール類を販売するバーは再び閉鎖される(写真は5月、米テキサス州中部バンデラ市)=ロイター

アルコール類を販売するバーは再び閉鎖される(写真は5月、米テキサス州中部バンデラ市)=ロイター

【ニューヨーク=清水石珠実】米南部のテキサス州とフロリダ州は26日、飲食店などの営業規制を再び強化すると発表した。両州は新型コロナウイルスに対応する営業制限を早期に緩和していたが、新規感染者の急増で再度の規制強化を余儀なくされた。感染拡大の続く他の州でも経済再開の取り組みが鈍る可能性がある。

検査状況をまとめる「COVIDトラッキングプロジェクト」によると、米東部時間26日午後6時(日本時間27日午前7時)時点で26日の米国の新規感染者数は約4万4千人と過去最多になった。テキサスやフロリダ州などで増加が目立つ。

テキサス州のアボット知事は26日、アルコール類が売上高の過半を占めるバーなどに対して同日午後12時までに営業を休止するよう命じた。レストランに対しては収容人数の上限を75%から50%に引き下げて運営するよう求めた。アルコール類を販売するバーやレストランの混雑が、新型コロナの感染拡大の一因になっているためという。

経済再開の指針のひとつである新型コロナ検査の陽性率で、基準とする10%を超えたために規制の再強化に踏み切った。米CNBCによると、同州の一日平均の入院患者数は前週と比べて55%増加し、医療現場の受け入れ能力が足りなくなる懸念も出ているという。

フロリダ州も同日、バーに対してアルコールの販売を即時停止するように求めた。米メディアによると、新規感染者数は26日に約9千人と25日の約5千人から急増し、過去最多となった。

ニューヨーク州のクオモ知事は26日の記者会見で「米国よ、目を覚ませ。否定できない事実に目を向けるべきだ」と語り、経済再開を優先したトランプ米政権や一部の州の対応を批判した。ニューヨーク州では3月下旬から4月にかけて新型コロナの感染者が急増した。経済再開では全米でも最後発組となったが、感染抑制を重視した結果、感染者は足元で大きく減っている。

ペンス米副大統領は26日、約2カ月ぶりに政権のコロナ対策チームを率いて記者会見した。テキサスやフロリダで感染拡大が深刻化していることについては、比較的症状の軽いとされる35歳以下の感染者が中心だとして「勇気付けられる状況だ」などと発言した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]