/

この記事は会員限定です

日産社長「先行き不透明、構造改革で成長」 株主総会

(更新) [有料会員限定]

日産自動車は29日、横浜市の本社で定時株主総会を開催した。2020年3月期の連結決算は6712億円の最終赤字を計上し、カルロス・ゴーン元会長のもと経営再建を進めていた00年3月期(6843億円)に次ぐ規模となった。巨額赤字の原因であるゴーン氏主導の拡大路線による収益力低下と、その修正に向けて関連費用を約6000億円計上した構造改革について、内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)ら経営陣が説明した。

【関連記事】...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3709文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン