タイLCCノックスクートが会社清算 日本にも就航

アジアBiz
2020/6/26 22:26
保存
共有
印刷
その他

【バンコク=村松洋兵】タイを拠点とする格安航空会社(LCC)ノックスクートは26日の取締役会で事業終了と会社清算を決議した。バンコクを拠点にアジアで国際線を運航し、日本にも就航していた。新型コロナウイルスの影響で事業継続が困難と判断した。425人の従業員は解雇された。

ノックスクートはタイ・バンコクを拠点にアジア路線を運航

親会社のタイLCCノックエアラインズと、シンガポール同業のスクートが発表した。タイを拠点とする航空会社の経営破綻は、タイ国際航空に続き2社目となる。

ノックスクートはタイ政府による国際線の乗り入れ禁止措置を受け、3月下旬から運航停止が続いている。同社のホームページによると日本では成田、関西国際、新千歳の各空港に就航していた。

スクートによるとノックスクートは2014年の設立以降、通年黒字が1度もなく、もともと経営が厳しかった。スクートが保有する49%の全株式を、ノックエアに売却することを打診したが合意できなかったという。

ノックエアも多くの便の運休が続き、政府に低利融資を求めている。ノックエアにはタイ国際航空が13%を出資している。かつてはタイ国際航空が筆頭株主だったが、ノックエアの株主割当増資に応じず、出資比率が下がり続けている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]