サムスン阻む鉄壁 TSMC、財務と事業モデルで迎撃
サムスンvsTSMC 頂上決戦(下)

貿易摩擦
ファーウェイ
アジアBiz
2020/6/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

半導体の受託生産(ファウンドリー)の王者、台湾積体電路製造(TSMC)が独走態勢を固めようとしている。カリスマ創業者が残した鉄壁のビジネスモデルと高い資金創出力をテコに、高速通信「5G」の需要の取り込みへ投資を加速する。韓国サムスン電子が首位奪取へ10年間で約12兆円の巨額投資を打ち出したが、TSMCにゆらぎはない。

■米中摩擦の嵐、ファーウェイ向けの取引中断へ

「台湾の京都」――。歴史と風情からこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]