ばらつく10万円支給率 自治体の準備に巧拙

2020/6/26 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

特別定額給付金をめぐり、自治体間で支給ペースのばらつきが目立っている。マイナンバーカードによるオンライン申請方式は機能せず、作業のIT(情報技術)化は頓挫。都市部の自治体は膨大な郵送書類の処理に悩む。人海戦術を迫られるなか、繁閑に応じた柔軟な人繰りで効率化に成功した例もあり、改善の糸口は見えつつある。

「市民が期待しているペースで給付できていないのは事実だ。さらに人員を増強し、処理体制を強化する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]