その他スポーツ

テニス界、超格差の悩み 大坂選手の年収40億円

2020/6/26 23:00 (2020/6/27 5:14更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

プロテニスの世界で「超格差」があらわになっている。巨額の富を稼ぐ少数のスターと、経済的な苦境に直面する多数の選手たち。優勝劣敗はスポーツの常だが、新型コロナウイルスによるシーズン中断は持たざる者からはい上がる機会を奪い、格差を広げている。

米経済誌「フォーブス」が5月に発表したスポーツ選手長者番付では、テニス選手が存在感を見せた。大坂なおみ選手(日清食品)が女子アスリート史上最高の3740万ドル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 王子ホールディングスは1日、アイスホッケーの強豪「王子イーグルス」を来年4月からクラブチーム化すると発表した。運営会社を設立し、拠点とする北海道苫小牧市を中心とした地域密着型の活動を行い、競技人口増 …続き (0:35)

女子ダブルス1回戦でリターンする青山(右)、柴原組(1日、パリ)=共同

 【パリ=共同】テニスの全仏オープン第5日は1日、パリのローランギャロスで行われ、女子ダブルス1回戦で第7シードの青山修子(近藤乳業)柴原瑛菜(橋本総業)組がバーナーダ・ペラ(米国)レナタ・ボラコバ( …続き (0:14)

男子100メートル準決勝 10秒27の1組1着で決勝進出を決めた桐生祥秀(左)。右手前は10秒28で2着の小池祐貴(1日、デンカビッグスワンスタジアム)=共同

 陸上の日本選手権は1日、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムで開幕し、男子100メートル準決勝で1組の桐生祥秀(日本生命)は10秒27の1着で2日の決勝へ進んだ。2組は多田修平(住友電工)が10秒2 …続き (1日 21:07)

ハイライト・スポーツ

[PR]