保育のネット仲介、安全確保に苦慮 続くシッター逮捕

2020/6/26 21:00 (2020/6/27 5:14更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ベビーシッターと利用者をネット上で仲介する「マッチング型」の保育サービスでトラブルが相次いでいる。大手のキッズライン(東京・港)では、シッターが保育中に強制わいせつをした疑いで逮捕される事件が続いた。トラブル発生時の対応は運営事業者によって異なる。事業者がどこまで責任を負うのか議論も残る。

発端は4月。キッズラインに登録するシッターの男が、保育中の男児に強制わいせつをした疑いで逮捕された。利用者…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]