敦賀原発、データ無断修正 問われる審査体制

2020/6/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本原子力発電の敦賀原子力発電所2号機(福井県敦賀市)の安全審査を巡り、原子力規制委員会は原電への不信感を募らせている。原電が敷地内を通る断層のデータを無断で修正し、2月から審査が進まない。データ不備で議論が空転することも多い。新規制基準の施行から7年がたち、事業者の姿勢を正すだけでいいのか、長引く審査体制のあり方も問われている。

「足踏み状態で行政上の資源を投入し続けるのは無責任だ」。規制委の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]