/

「しびれる」経験、若いうちに 苦労が人間力を磨く

キリンホールディングス 磯崎功典社長(下)

キリンホールディングス社長 磯崎功典氏

キリンホールディングスの磯崎功典社長は「コストカッター」の異名を持つ。グループ会社の売却や海外事業の撤退など相次ぎ決断してきた。一方で、医薬バイオ企業の子会社化や化粧品メーカーとの資本業務提携など、攻めの姿勢も強める。磯崎社長は「苦しく、しびれるような経験を積んでこそ、誠実で洞察力のあるトップになれる」と考える。

<<(上)夢でうなされたホテルの空室 全力で打開、社員も奮起

――2015年3月にキリンホールディングス新社長に就きました。ブラジル事業の採算悪化などで、キリンHD全体の業績が振るわなかった時期です。

「低収益事業をやめるため、社長に就く前から子会社や関連会社を10社以上、売却しました。立ち上げから私が関わったホテル事業も含まれます。やらなければいけないものをすべて整理する、という思いでした」

「就任当初、業績はとても厳しい状況でした。メディアから、『成長戦略をどうするのか』という質問を多くされ、厳しめの論調が目立ちました。こうした状況で、私が前向きな希望だけ話しても、信じてもらえないでしょう。ですから、経営の3本柱としてやるべきことを明確に掲げました。コア事業のビールを強くする、不採算事業を整理して低収益事業をやめる、医薬バイオ事業を飛躍的に成長させる、です」

――具体的に何をしたのですか。

「まず着手したのが構造改革です。最大の懸案だったのが大きな赤字をだしていたブラジル事業だったので、就任後すぐ出張しました。期待を込めて11年に現地企業を買収したのですが、業績がなかなか上向かない。その理由を探ろうと現地のトップと議論したのですが、核心に迫る話が出てこない。何が本質的な問題か、現地のリーダーが把握できていないんだ、とその時気づいたのです」

「私から見ると、問題はトップの戦略にありました。低価格帯の商品をたくさん売るビジネスモデルなのに、目先の収益を確保するため値上げして価格に敏感な主要顧客が離れてしまったのです。これでは経営再建を託すことができない、と帰りの飛行機の中でトップ交代を考えて、翌月にはニューヨークで後任を決めました」

結論先延ばし、ろくなことはない

――15年12月期は上場後初の最終赤字に転落します。

「目標の期限までに収益を改善できなければ、聖域なく売却する、と決めました。ブラジル事業だけでなく、オーストラリアの飲料や乳製品事業、国内飲料のキリンビバレッジも低収益事業と位置づけました」

「社員には動揺が広がったようですが、冷静に構造改革を進めました。私の態度は一貫しています。逃げない、恐れない、ごまかさない。繰り返し胸に手を当てて考えました。ブラジル事業を売らない選択肢が、キリンという会社に本当に求められているのか。それで最終的に売却を決めました。国内飲料事業は生茶などのリニューアル効果や商品を絞り込んだことで、営業利益率が大幅に改善して今に至ります」

「誰かに遠慮し、結論を先延ばししていないか。お客様本位という原点を忘れていないか。社長は会社の良心たれ、本当に誠実な経営をしているか。常に自分自身に問い続けてきました。私の知る限り、歴史上、結論を先延ばしして良かったことはひとつもありませんからね」

新型コロナウイルスの影響で、消費行動も変わると考えている

――現在はクラフトビールや医薬バイオ事業などにも力を注いでいます。

「(14年のクラフトビール事業の参入当時は)一番搾りでスーパードライに勝たなくていいのですか、と言われました。決して方向転換ではありません。いままでのやり方だとそっぽを向かれます。ビールは素材や製法によって味や香りが多様な飲み物で、楽しい飲み物であると消費者は知っています。ビールの魅力に触れ、幅広さや奥深さを楽しみたい消費者が増えてくるだろうと思ったのです。クラフトビールへの参入が、飲食店や自宅に簡易型のサーバーを置く事業につながりました」

「医薬バイオなど健康関連事業に力を入れる理由は、キリンは創業当初からある発酵技術と、バイオ技術を最大限に生かしていくためです。新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあって、消費者の健康に対する関心が高まっていると感じています。消費行動も変わり、健康事業の需要が高まるとみています」

――新型コロナの影響が出ています。これからのリーダーに求められることとは。

「身につけるべきなのは構想力です。これは100回声に出しても身につきません。実践あるのみです。人のライフスタイルはこれから変わっていきます。今後のあるべき姿を想像して、将来を予想して現在どうすべきか導き出すことが求められます。答えは誰にも分かりませんが、それでもやらないといけないでしょうね」

――経営を見る大局観はどこで養われたのですか。

「歴史書を読むのが好きで、さまざまなことを教えてもらってますね。ジョン・F・ケネディ元米大統領の弟が書いた回顧録『13日間 キューバ危機回顧録』を読むと、大統領は第1次大戦が勃発するきっかけとなったオーストリアの皇太子が殺害されたサラエボ事件を詳細に描写した1冊を、愛読書にしていたようです。一人で読みふけりながら、じっと考えに考えてから行動に移すタイプの政治家だったようですね。キューバ危機という米ソ対立の緊張感が高まった時代背景も踏まえると、一人でじっと考え抜くことの大事さを歴史書が教えてくれます」

「アイゼンハワー元米大統領はリーダーとして、ケネディ大統領とはタイプが違っていたようです。ノルマンディー作戦でドイツ軍と対峙するとき、自軍兵士の前で『俺も逃げ出したいくらい怖い気持ちだ』と、にこりと笑顔で応えた。兵士と同じ目線に立って、仲間を鼓舞する人です。英国のチャーチル元首相も文筆家であり、歴史家で尊敬しています。3人ともリーダーとして私欲がないのが共通点で、そこにひかれますね」

人生に無駄なことなどない

――自らの経営にも生かされていますか。

「社長として必要な力量は3つあると考えています。ものをよく考える洞察力を磨くこと、もうひとつは楽しく、夢のあるストーリーを語り共感を得ること。そして最も大事なことは人間力です」

「人間力とは、本気度と誠実さ。それに加えて、それまで積み重ねてきた足跡だと思います。私が人間力が高いと思う経営者は2人いて、まずファンケルの創業者、池森賢二さんです。人々の『不安、不満、不便』を解消するため、無添加化粧品で事業をおこした。子供のころ父を亡くして、中学卒業後に様々な職業を経て起業するなど激動の人生を送っています。もう一人はニトリホールディングスの創業者、似鳥昭雄さん。あらゆる困難を乗り越えて、しびれるような経験を積んだことで成功にたどりついた。言葉に説得力がありますよね」

神奈川県小田原市にあるミカン畑を週末に訪れて手入れをする。品種は温州ミカン。秋には収穫したミカンをキリンのクラフトビール直営店で、ビールにして期間限定で発売する。若いころ使っていた農機具をみると、「あの頃はつらい気持ちばっかりだったけど、今はミカン畑での作業が本当に楽しいね」と振り返る。

「このお二方とは比べようもありませんが、私も青年期に少し苦労しました。父は日本専売公社(現日本たばこ産業)で働きながら、兼業でミカン畑をしていました。それが脳梗塞を患って後遺症が残ったため、私もミカン畑を手伝うことになったのです。神奈川県立小田原高校という進学校に通っていたのですが、父の代わりに地元の専売公社に就職する話も出ていました。なんとも言えない気持ちになりながら、急斜面の畑で草刈りをしたり、籠に入れたいっぱいのミカンを運んだりしていました。精神的に追い詰められましたが、神様はいるのですね。懸命にリハビリを続けた父から『学校に行っていいよ』と言われ、大学に進学することができました。私の原体験になっていると思います」

「社員の中には、やりたい業務につけずに思い悩んでいる人もいるかもしれません。でも、人生を振り返ると無駄なことはないし、どんな経験も絶対に意味があると言い切れます。人生で簡単なコースを選ぶと、いつまで立っても、しびれるような経験は身につかない。苦労を経験することで人の優しさも身に染みて感じることがあるんです。人に寄り添うことも、共感することもできるようになります。社員には、特に若いときにしびれる体験をしてほしいですね」

磯崎功典
1953年神奈川県生まれ。77年慶応大経卒、キリンビール入社。99年ホテル・ホップインアミング総支配人、2001年広報部担当部長、04年サンミゲル社副社長、10年キリンホールディングス常務、12年キリンビール社長を経て15年から現職。

(後藤健)

<<(上)夢でうなされたホテルの空室 全力で打開、社員も奮起

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン