リニア、大阪延伸遅れも懸念 トップ会談平行線

2020/6/26 19:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

リニア中央新幹線の静岡工区をめぐる問題は、26日のJR東海の金子慎社長と静岡県の川勝平太知事のトップ会談でも平行線をたどった。最速で2037年と見込まれる大阪までの全線開業も遅れる懸念が出ている。

リニアは27年に品川―名古屋間、最速で37年に大阪までの全線が開業予定。金子社長は昨年、「(名古屋までの開業遅れは)大阪までの開業にも影響を及ぼしかねない」と述べていた。

関西でもリニアの全線開業を見…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]