氷河期世代の就職支援 愛知県が国に要望

2020/6/26 19:30
保存
共有
印刷
その他

愛知県の大村秀章知事は26日、西村康稔経済財政・再生相とのウェブ会議で「新型コロナウイルスの影響で氷河期世代の正社員化がより厳しくなる」とし、政府に氷河期世代の就職を後押しするための財源措置などを求めた。

氷河期世代とはバブル崩壊後の1993年から2004年ごろまでに卒業した世代のこと。新型コロナの影響でさらなる雇用の冷え込みが懸念されている。大村知事は財源措置のほか、国家公務員試験などを通じて氷河期世代を積極的に雇用するよう求めた。

西村経済財政・再生相は「(就職支援に向け)地方自治体が予算編成や事業執行を柔軟に行えるようにする」と応じた。愛知県は全国知事会で氷河期世代支援プロジェクトチームリーダーを務めている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]