/

京都市の宿泊施設数、5月末は16年以降初の減少

京都市が26日発表した5月末の市内の宿泊施設数は3984軒で4月末に比べて26軒減少した。訪日外国人の増加を背景に近年、施設数は急増した。減少するのは市が月ごとの統計を公開し始めた2016年以降初めて。新型コロナウイルスが宿泊施設の運営に深刻な打撃を与えている。

コロナの影響で京都市内の観光客は減少し、宿泊施設にも影響が出ている

廃業施設数は56軒で新規開業の施設数を上回った。なかでも簡易宿所の廃業が多く56軒の大半の52軒を占める。簡易宿所は訪日外国人に人気があり、新型コロナによる入国規制などが直撃。事業基盤が弱く、早期に資金繰りが困難になったことも影響している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン