女川再稼働の住民説明会、8月に開催 宮城県

2020/6/26 18:46
保存
共有
印刷
その他

宮城県は26日、東北電力女川原子力発電所(宮城県女川町、石巻市)2号機の再稼働に向けた住民説明会を8月に開催すると発表した。女川2号機の安全性や必要性について理解を求める。

女川2号機の再稼働に向け、県は8月に住民説明会を開催する(女川原発)

8月1~19日までに計7回開催する。原子力規制庁と内閣府、資源エネルギー庁の担当者が女川2号機の審査結果や国のエネルギー政策における原発の役目などを3時間半かけて説明する。東北電の担当者も安全対策工事の内容を説明する。

県は女川原発から30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)内の約8万6千世帯に参加申込書を配布する。各回の定員は200~400人で、新型コロナウイルスの感染防止を踏まえ、37.5度以上の発熱などがある場合は参加を断る方針だ。

参加者からの質疑の時間も設ける予定。村井嘉浩知事の参加も調整中で、県はUPZ内の首長や県議らにも住民説明会の開催を案内している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]