/

JR東海「リニア1日も早く」 静岡県「問題他にも」

リニア中央新幹線の建設工事を巡り、JR東海の金子慎社長と静岡県の川勝平太知事の初のトップ会談が26日、実現した。金子社長が2027年の開業に向けた着工を求めたのに対し、川勝知事は環境問題の重要性を強調し議論は平行線に終わった。開業延期は避けられず、JR東海と静岡県の溝は埋まらなかった。

静岡県の川勝平太知事(右)の案内で会談に臨むJR東海の金子慎社長=26日午後、静岡県庁で(代表撮影)

ヤード整備

 金子社長 リニアの27年開業に向け、ヤード(作業基地)の整備をお願いしたい。今の時点でもギリギリだ。水問題はおろそかにしないし、なし崩しでトンネル掘削を始めることもない。

金子社長は工事が遅れている南アルプストンネル静岡工区に関し、6月中にヤード着工ができなければ「27年開業は難しい」と強調。川勝知事は国土交通省が立ちあげた有識者会議の結論が出てから判断すると主張しており、6月中の着工は認めない姿勢を貫いた。

27年開業

 金子社長 リニアの27年開業には責任と期待感を背負っている。災害対策の観点でも1日も早く作るべきだ。

 川勝知事 静岡県が27年開業の足を引っ張っているかのごとき発言を繰り返している。南アルプスだけが問題ではない。

JR東海はリニアの建設意義を東海道新幹線の「バイパス」と位置づける。南海トラフ巨大地震などの自然災害の発生時に新幹線が機能不全に陥ることを防ぐためだ。川勝知事は「リニアに反対しているわけではない」とした上で、27年の開業遅れは静岡県だけが原因ではないと主張した。

水資源は重要

 川勝知事 地元にとって水資源、環境保全は非常に重要だ。この責任をJR東海は負っている。現場で働く静岡県民の安全も最優先だ。

静岡県はリニアの建設工事が与える大井川の水資源や地下水への影響を懸念している。国交省の有識者会議や県の専門部会での議論を踏まえ、建設の可否を判断したい考え。JR東海は有識者会議の結論を待っていては27年開業に間に合わないと主張しており、溝は埋まっていない。

条例の問題

 川勝知事 着工の判断は条例の問題だ。5ヘクタール以上の工事には自然環境保全協定の締結が必要だが、5ヘクタール以下の工事で重要な環境整備は進めてもらいたい。

静岡県の自然環境保全条例によると、5ヘクタール以上の開発行為には事前の協定締結が必要だ。JR東海が6月中の着工を求めているトンネル周辺の樹木伐採などはこれにあたり、川勝知事は事実上、着工を認めない考えを示した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン