「時間経済」は商機か受難か 在宅勤務時代の未来
本社コメンテーター 中山淳史

中山 淳史
Deep Insight
本社コメンテーター
2020/6/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京での仕事も多いある地方大学の名物教授はコロナ禍を機に「活動をすべて仮想空間に移した」と話す。移動制限が解消されても変えるつもりはないという。

ビデオ会議サービスの「Zoom」や「チームズ」を使い始め、1日4、5件だった授業や会議を10件以上に増やすことができた。学生全員の都合を調整しつつ、夜中にゼミを開くこともある。

気力と体力がどこまで続くかの問題もあろう。だが「移動の時間を省ける分だけ生…

本社コメンテーター

産業・企業経営

自動車、電機など産業動向、経営トレンドに精通。編集委員、論説委員などを経て2017年2月より現職。「GEと東芝」「移動の未来」などで講演多数。2001年の米同時テロをニューヨーク駐在時に取材。アルゼンチン留学も。

    ソーシャルアカウント:

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]