[社説]コロナ後の持続的価値を問うた株主総会

株主総会
社説
2020/6/26 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

3月期決算企業の定時株主総会がピークを迎えた。コロナ禍で企業の事業環境は著しく変わった。この先どう価値を生み、将来も必要とされる企業であり続けるか、根底から問い直される局面だ。そのための経営の布陣や資金の生かし方について株主と向き合った。

サステナビリティー(持続可能性)が今回の大事なキーワードになった。コロナ禍により、配当や自社株買いなど株主還元を求める声はいったん後退した。手持ち資金を雇用の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]