大阪府枚方市、職員採用の年齢上限を撤廃

2020/6/26 18:50
保存
共有
印刷
その他

大阪府枚方市は26日、来年春に中途採用する職員について年齢条件を現在の33歳から59歳に引き上げると発表した。能力や経験のある人材を幅広く募るのが狙い。同市の定年は60歳で、年齢制限を事実上撤廃する。同市によれば大阪府内の自治体では初めてで、全国でも珍しいという。

2021年春は高校卒を除くと約60人の採用を予定している。このうち約30人は大学・短大の卒業生で25歳までだが、残りの約30人は学歴や年齢を問わない。59歳なら定年まで1年間雇用し、その後は必要に応じて通常の再任用制度にもとづき継続雇用する。

選考活動は新型コロナウイルスによる環境の悪化を考慮し、例年より2カ月早める。7月からまずオンラインで書類選考した後、適性試験やウェブ面接を実施する。21年4月1日付で正式に採用する。同市は「チャレンジ精神あふれる全国の優秀な人材に来てほしい」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]