第一交通産業社長「タクシー、用途工夫し収益確保」
withコロナ 変わる経済

2020/6/26 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タクシーやバスなど交通業界では2019年まで吹いていたインバウンド(訪日外国人)需要などの追い風が止まり、経営環境は厳しくなっている。タクシー大手の第一交通産業も新型コロナウイルスの感染拡大により、観光地や繁華街で利用が激減した。危機をどう乗り切るか、田中亮一郎社長に聞いた。

――タクシー事業の収益はどうですか。

「4、5月は厳しかった。売り上げは地域により濃淡があるが、前年同月比5割か、それ以…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]