/

この記事は会員限定です

北関東の株主総会、コロナ禍で厳戒 出席者は大幅減

[有料会員限定]

北関東の3月期決算の上場企業の株主総会がピークを迎えた。新型コロナウイルスの感染防止の観点から、各社とも株主に事前の議決権行使を呼びかけ、会場では検温の実施や収容人数の絞り込みに努める。自動車部品のミツバやタツミが総会後に改めて決算を報告する「継続会」を開くなど、コロナ禍で異例の対応を迫られている。

めぶきフィナンシャルグループ(FG)は24日、宇都宮市内の足利銀行本店で株主総会を開いた。200人ほどの来場を想定していたが、出席し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り877文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン