中国、現金取引を監視 資本流出防ぐ
デジタル人民元と両輪

習政権
中国・台湾
2020/6/26 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=原田逸策】中国が大口の現金取引の監視を強める。7月から河北省で150万円以上の現金を銀行から引き出すなどした場合、当局への取引の報告や紙幣番号の記録を銀行に義務づける。中国が発行準備を加速するデジタル人民元との相乗効果で資本流出を防ぐ狙いとみられる。

中国人民銀行(中央銀行)の通知によると、まず地域を限って現金監視を試す。7月に河北省、10月から浙江省と広東省深圳市で始める。効果を確認で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]