北のリゾートに「断密」システム、鶴雅もトーホウも

北海道
AI
2020/6/26 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道のホテルや旅館が新型コロナウイルスとの共存に向け、相次いでハイテク武装に動き出した。活用するのは、北海道大学発スタートアップの開発した人工知能(AI)を使って発熱者を洗い出し、「3密」を防ぐシステム。すでに導入した万世閣(洞爺湖町)やトーホウリゾート(札幌市)に続き、鶴雅リゾート(釧路市)も導入を決めた。

AWL(アウル、東京・千代田)の検温システムは一度に複数人の体温を瞬時に測ることがで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]