/

この記事は会員限定です

投信や保険、手数料開示で共通ルール 比較しやすく

【イブニングスクープ】

(更新) [有料会員限定]

金融庁は個人が金融商品の購入に伴う手数料負担を比べやすくするための共通ルールを設ける。投資信託や貯蓄型の保険を対象に2021年にも導入する。販売窓口となる金融機関が自らの手数料収入を優先して商品を勧めるのを防ぎ、個人の資産形成を後押しする。

29日に開く金融審議会の市場ワーキンググループで原案を示す。投信や保険、金融派生商品(デリバティブ)などを購入する際に支払う手数料や管理費として払う信託報酬、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り717文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン