8/15 17:00更新 マーケット 記事ランキング

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
8月14日 141.220 +0.007

[PR]

商品ニュース

ヤングコーン サクッとした食感

コラム(社会・くらし)
2020/6/27 2:00
保存
共有
印刷
その他

トウモロコシよりも小さく、サクッとした食感が楽しいヤングコーンが旬を迎えている。トウモロコシと同じ品種で、実が大きくなる前に若採りしたものだ。水煮や缶詰は年間を通じて流通しているが、フレッシュなのはトウモロコシの収穫が始まる前の5~7月に旬を迎える。ベビーコーンとも呼ばれる。

通常、トウモロコシは1本の株から1~2本収穫する。1本に甘さや栄養を蓄えさせるため、他の若芽を取り除いており、その若芽がヤングコーンだ。

実や皮、芯が柔らかく、サラダのほか、皮ごと丸焼きにしてもおいしい。ヒゲや内側の柔らかい皮も一緒に食べられる。

購入時には皮が乾燥していないか変色していないか確認したい。保存する際には新聞紙や袋に入れて冷蔵庫で保管するとよい。生の状態だと味が落ちるのが早いため、先にゆでて保存するのもオススメだ。

主な産地はトウモロコシの栽培が盛んな北海道など。都内のスーパーの店頭には福島県産が199円と、昨年よりも1割ほど安く売られている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム