深まる世界の分断に潜むワナ(編集長コラム)

2020/6/26 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版

26日の東京株式市場でNECの株価が一時5310円まで上昇し、12年ぶりの高値を記録しました。前日にNTTと次世代通信規格「5G」のインフラ共同開発で資本提携すると発表。国内勢で通信インフラをつくる構想を打ち出しました。この構想に参加するのではないかという思惑から同日には富士通株も19年ぶりの高値を付けました。

「国策5G」の背景には、根深い米中対立が映す世界のハイテク覇権争いがあります。米中対…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]