/

この記事は会員限定です

新潟の航空産業 新型コロナで受注減、体制見直し急ぐ

[有料会員限定]

新潟市が経済政策として進める航空機産業の振興。2019年まで市内の関連企業の売上高は右肩上がりだったが、新型コロナウイルスによる影響で雲行きが危うい。世界的な航空機需要の低迷で、部品工場では5月の受注数が前月比で半減する企業も。ただ新潟市や企業は手をこまぬいてはいられないと、生産体制などの見直しを急ぐ。

新潟市は07年から航空機産業を振興する「ニイガタスカイプロジェクト」を進めてきた。市内には航空...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン