/

この記事は会員限定です

[FT]ロシュ・中外製薬、国際提携のモデルに

[有料会員限定]

スイスの製薬大手ロシュは2002年、日本の中外製薬の株式の過半を14億ドル(約1500億円)で取得した。ロシュは中外に自主独立経営を約束し、非常に珍しい異文化間の提携関係が始まった。

合意に至るまでの18カ月に及ぶ交渉のなかで、日本のバイオテクノロジーのパイオニアである中外の経営陣は決して譲れない条件を1枚の紙にまとめて提示した。その柱は、中外の自主独立経営と東京証券取引所での上場を維持することだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2466文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません