/

北方領土海域での調査通告 ロシア 日本は抗議

ロシアが北方領土周辺を含む海域で3カ月間の地質調査を実施すると日本側に通告していたことが分かった。日本政府は「北方四島に対する我が国の立場と相いれず、受け入れられない」と抗議した。菅義偉官房長官が26日の記者会見で明らかにした。

ロシアのペスコフ大統領報道官は同日、「ロシアには自国領内であらゆる調査を実施する権利がある」と反論した。タス通信が伝えた。

ロシアから日本への通告は17日にあった。「6月18日から9月18日の期間にオホーツク海で調査する」と伝えた。対象となる領域は北方領土の周辺にある日本の排他的経済水域(EEZ)も含む。日本政府は即日、ロシア側に中止を求めた。

ロシアは7月1日に憲法改正の是非を問う全国投票を控える。改正案に領土割譲の禁止を盛り込み、北方領土交渉への影響を指摘する見方もある。茂木敏充外相は26日の記者会見で「日本として憲法改正の動きに関心を持っていると、しっかり伝えてある」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン