ジャズの街神戸、客足戻らずピンチ 市は支援策も

2020/6/26 11:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本のジャズ発祥の地と言われる神戸市のジャズクラブが苦境に陥っている。新型コロナウイルスの影響で休業していた店舗の多くが営業を再開したが「3密」(密集・密閉・密接)への懸念もあって集客は芳しくない。廃業する店も相次いでおり、市はジャズ文化を守ろうと支援に乗り出した。(高木雄一郎)

「収入は約9割減少した」。神戸市灘区のジャズクラブ「神戸ALWAYS」の安田克己店長(39)は打ち明ける。6月1日に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]