「ネトフリから画面奪え」 カプコン辻本社長の未来像
Disruption@関西

2020/6/26 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスは巣ごもり消費を促しゲーム業界を潤わせた。カプコンは4期連続の最高益更新を見込むが、2千人の技術者は輪番制の出社となり開発が遅れるリスクにも向き合う。個人の時間の奪い合いはゲームの世界にとどまらず、インターネットを介して競争相手が増えていく。ゲーム産業のディスラプション(創造的破壊)に関西からどう向き合うか、辻本春弘社長に聞いた。

■新作投入、旧作はクリアしやすく

――販売に思…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]