米最高裁「一部難民申請者の即時送還は合憲」 政権に追い風

2020/6/26 6:11
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=芦塚智子】米連邦最高裁は25日、一部の難民申請者の即時強制送還は合憲との判断を下した。不法移民の即時送還や難民申請の制限を進めているトランプ政権にとっては追い風となる。

難民申請に関する判断を下した米連邦最高裁判所

判断の対象となったのは、米南部国境から不法入国して拘束され、移民裁判官に難民申請を却下されたスリランカの少数派タミル人の男性を巡る案件。男性は母国で迫害を受ける恐れがあるとし、連邦裁判所での審理を経ずに強制送還するのは違憲だと主張していた。

判断は7対2で、国境近くで拘束された不法入国者の迅速な送還を認めた連邦法は合憲とした。ただ、リベラル派判事2人は今回の案件に限って判断を支持すると条件を付け、拡大解釈をけん制した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]