/

サザンが初の無観客配信ライブ 約50万人が視聴

熱唱する桑田佳祐さん=岸田 哲平撮影

新型コロナウイルスの影響で大規模なライブの開催が困難な中、人気バンドのサザンオールスターズが25日夜、横浜アリーナ(横浜市)でバンド史上初となる無観客の配信ライブを開いた。ABEMAなど8つの動画配信サービスを通じて有料配信され、3600円のチケット購入者は約18万人、総視聴者数は推定約50万人だった。

1990年のアルバムに収録された「YOU」で幕を開けた。ボーカルの桑田佳祐さん(64)が「新型コロナの治療とか感染拡大防止に向けて日々闘っていらっしゃる医療関係の方、行政の方々に対して、我々サザンオールスターズ、感謝と敬意を深く表しまして、ここで大きく出ました。横浜アリーナよりライブをやらせていただきます」と画面越しに語りかけた。

ヒット曲「真夏の果実」では無人の客席の一つ一つに置かれたリストバンド型のライトが無数の光を放ち、「東京VICTORY」では客席の中央に五輪の聖火台のセットが現れるなど、無観客を逆手にとった派手な演出が相次いだ。

普段は観客のいる客席にも照明を配置するなど、無観客を逆手にとった演出が際立った=岸田 哲平撮影

終盤の「マンピーのG★SPOT」ではいつものようにお祭り騒ぎになり、「アマビエ」「疫病退散!!」と書かれたかぶり物を着けた桑田さんが「悪霊退散、疫病退散」と連呼し、女性ダンサーたちも「G」と記されたマスクを付けて激しく踊った。

サザンはこの日でデビュー42周年を迎えた。42年前に発売されたデビュー曲「勝手にシンドバッド」で最高潮を迎え、桑田さんは「いつになればコロナが終息するのかな お互いにそれまでは グッと我慢の暮らし 続けましょう」と歌詞を変えて歌った。アンコール3曲を含む全22曲で約2時間のステージの幕を閉じた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン