/

「いいんだよ」は魔法の言葉 君は君のままでいい

この一冊

不登校などの子どもたちを積極的に受け入れる私立立花高校(福岡市)の約60年の歩みをまとめた。「一人の子を粗末にする時、教育はその光を失う」との理念に基づき、寛容な心で生徒の居場所を作り上げてきた歴史をつぶさに紹介している。

斎藤真人校長は冒頭で「不登校の子どもたちが安心して不登校でいられる学校でありたい」と語る。いきなり学校に通学するのが難しい生徒に公民館などで「学校外教室」を開くなど、徹底して子どもの目線に立った学校運営と、生徒や保護者の声にも触れている。

「できないことを嘆くより、できていることを認め合う」を合言葉に、愛情を注ぐ教員たちと、一歩ずつ前進する生徒の力強さが伝わってくる。

梓書院(電話092・643・7075)発行。1500円(税別)

=6月25日付日本経済新聞朝刊九州文化面掲載

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン