派遣社員も在宅拡大 大手で最大5割、ルール整備進む
情報漏洩リスクなど課題に

2020/6/25 22:49 (2020/6/26 5:47更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響でオフィスワークが前提だった派遣社員にも在宅勤務が広がっている。派遣会社が顧客の派遣先企業ごとに在宅が可能な勤務体制を協議、運用を始めている。在宅専門の派遣サービスや派遣社員が使用する情報端末の貸し出しなども実施。大手派遣会社では事務系の在宅勤務率は最大5割に高まった。在宅勤務は派遣社員の雇用維持にも貢献しそうだ。

約5万人の派遣スタッフを抱えるリクルートスタッフィングで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]