/

JR四国バス、高松ー東京路線休止へ

ジェイアール四国バスは25日、高松駅と東京駅を結ぶ高速夜行バス「ドリーム高松号」の運行を、高松発は7月31日の便、東京発は8月1日の便を最後に休止すると発表した。格安航空会社(LCC)との競合で乗客が減ったことや、乗務員不足が理由という。

ドリーム高松号は香川県の観音寺・高松と新宿・東京・東京ディズニーランドを結ぶ路線で、1989年10月から運行してきた。なお、同路線は新型コロナウイルスの影響で4月5日から運休している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン