雇用調整助成金 小規模事業者の申請、4つのポイント

社会保険
備える
2020/6/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2020年度第2次補正予算が6月12日に成立したのを受けて雇用調整助成金(雇調金)の新型コロナウイルス特例が見直され、申請の受け付けが始まっている。1日当たりの助成金の上限額を引き上げたほか、助成率の適用条件を緩和したのが主な変更点。書類の不備や手続きの煩雑さなどから申請を諦めていた小規模事業者でも利用しやすくしたのが特徴だ。小規模事業者が特例を申請する際の4つのポイントをQ&A形式でまとめた。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]