北九州「第2波」封じ込めの舞台裏 全員検査が奏功か

2020/6/25 19:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染者が再び増えていた北九州市の「第2波」封じ込め対策が実を結びつつある。同市では5月23日から19日連続で計147人の感染が確認されたが、6月22日までの3日間は感染者ゼロ。その後も1~2人で推移しており、北橋健治市長が主導した濃厚接触者全員へのPCR検査などが奏功した格好だ。第2波対策のモデルケースとなるか。

「出口が見えつつある」。25日午前、定例記者会見を行った北橋市…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]