行政の電子化へ「恩恵可視化を」「基盤整備が課題」
霞が関の非常識 遠いデジタル政府 識者に聞く

2020/6/25 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

利便性と安全性を兼ね備えたデジタル政府をどう実現するか。海外と比べた日本の状況や課題を識者2人に聞いた。

■日本総合研究所主任研究員 野村敦子氏「恩恵可視化を」

――行政のデジタル化が停滞しています。

「5万5千件以上ある国の手続きで紙の書類や対面が要らず、オンラインで完結できる割合は7.5%しかない。政府が目標を掲げてから約20年間、いかに真剣に取り組んでこなかったかが分かる結果だ。地方自治体も…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]