日特、5G市場に参入 アンテナ開発 車依存を修正へ

2020/6/25 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本特殊陶業は次世代通信規格「5G」市場に参入する。このほど通信システムの基地局やスマートフォン向けのアンテナを開発し、数年で年商100億円規模の事業に育てる計画だ。主力の自動車関連は新型コロナウイルスの影響で需要が当面落ち込むとみられ、収益源を広げる。

開発したのは、ミリ波向けアンテナモジュールだ。大きさは縦横1~3センチほどで、電波の送受信などを担う。5Gは現在の4Gに比べて10倍以上の高速…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]