[社説]安保戦略の改定は日米基軸に総合力で

北朝鮮
2020/6/25 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府が地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画を正式に断念した。代替策の検討に入り、年内に国家安全保障戦略を改定する方針だ。日本の安全や国益を守るために、何が最も効果的なのかについて議論を尽くしてもらいたい。

政府はこれまでイージス・アショア導入が最善の策だとし、すでに米国などと1700億円超の契約を済ませた。撤回に至るプロセスの不手際は反省すべきだ。そのうえで、北朝鮮など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]