NEC社長「出資提案、NTTから」 NTT社長「他社参画も」

2020/6/25 18:33
保存
共有
印刷
その他

NTTの澤田純社長とNECの新野隆社長は25日、資本業務提携についてオンライン記者会見を開いた。主なやり取りは次の通り。

NTTの澤田純社長

NECの新野隆社長

――資本提携の経緯を教えてください。

澤田氏「新野さんとは2018年ごろから、色々な協業の可能性を検討してきた。NECに出資するのは、中長期の共同研究事業をスムーズに進めるためだ。追加出資は考えていない。両社の役割がはっきり分かれており、双方向の出資は必要ないと考えた」

新野氏「資本提携については、NTTから提案があった。(NECの)経営の自主性は尊重される。製品開発に資金をうまく活用したい」

――中国の華為技術(ファーウェイ)などにどう対抗しますか。

新野氏「海外大手は垂直統合が中心で、必ずしもオープンではない。光技術を取り込むNTTのIOWN(アイオン)は画期的な技術だ。ネットワークとIT(情報技術)を融合した柔軟なシステムを構築する」

――両社の提携に他社も参画できますか。

澤田氏「提携は排他的ではない。共同開発に他社が入りたいという声があれば、ケース・バイ・ケースで検討したい。製品の調達は(NECを含めて)今後も公平にやっていく」

新野氏「これまでNECは基地局では海外市場に出られなかった。(複数企業の通信機器を組み合わせられる)オープン化は、世界で戦える最後のチャンスだと思う。提携で非常に強いパートナーを得た」

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]