/

この記事は会員限定です

新興国のドル債発行が最高 4月以降 信用リスク懸念も

[有料会員限定]

新興国のドル資金調達が目立つ。4月以降のドル建て債券の発行額は四半期で過去最高。新型コロナウイルスによる経済停滞や景気対策で財政が逼迫しているためだ。世界的な金融緩和も起債を後押しするが、支払い能力は不透明だ。信用リスクが高まれば、市場の波乱要因になりかねない。

金融情報会社リフィニティブによると、新興国の政府や政府系機関は4月1日~6月17日にドル建て債券を645億ドル(約6兆9千億円)発行し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン