ギグワーカーを労災対象に 全世代型会議の中間報告

2020/6/25 18:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府の全世代型社会保障検討会議は25日に中間報告をまとめ、フリーランスで働く人たちの保護策を示した。ネットを通じて企業や個人から仕事を請け負うギグワーカーを国の労働災害保険の特例対象に含める方向で検討する。ガイドラインを今年度内につくる。

中間報告では一定以上の所得がある75歳以上の医療費窓口負担を2割に引き上げる所得基準に関し、結論を年末に先送りした。最低賃金を巡り「より早期に全国加重平均10…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]