コロナ下の株主総会、検温・出席抑制など九州企業対策

2020/6/25 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

九州・沖縄でも2020年3月期決算企業による株主総会がピークを迎えている。新型コロナウイルスの感染を防ぐため、会場内の座席削減やインターネット中継の導入などの対策が進む。九州電力など既に総会を開催した企業は、開催時間や来場者数が大きく減った。総会の風景は例年と様変わりしている。

「検温のためゆっくり歩いて下さい」。西部ガスは25日に開いた株主総会で、会場入り口に、前を通る人の体温を測定できるサー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]