/

セガ、「ぷよぷよ」題材のプログラミング学習教材

ゲーム開発会社のセガは、26日から人気ゲーム「ぷよぷよ」を題材にしたプログラミング学習教材の提供を始めると発表した。同社が自社のゲームを題材にしたプログラミング学習教材を提供するのは初めてで、クラウド環境で動作するためどこでも学習ができる。利用料金は無料で、小学生から大学生まで幅広い利用を狙う。

プログラミング学習を手がけるアシアル(東京・文京)と共同で、プログラミング学習教材「ぷよぷよプログラミング」を26日から提供する。セガが展開する人気パズルゲーム「ぷよぷよ」のプレー画面を確認しながら、HTML5やJavaScriptといったプログラミング言語を学習できる。

3段階の難易度を設定し、プログラミング学習が4月から必修となった小学生から、大学生まで幅広い利用者を想定する。今後はセガが開催するぷよぷよのeスポーツイベントなどでも教材をアピールするなどで認知拡大を図る。(荒沢涼輔)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン