新潟市、まちづくりの連携強化 推進会議を設置

2020/6/25 16:57
保存
共有
印刷
その他

新潟市は25日、新潟駅前から古町地区までの地域を「都心」とした「新潟市都心のまちづくり推進会議」を設置した。中原八一市長のほか、副市長や政策企画部、経済部など関係部署の部長で構成する。市役所内での連携を強化し、新潟駅のリニューアル工事など都市開発の動きを市内外に発信する。

25日に第1回会議を開催した(新潟市)

25日の第1回会議で、中原市長は「新潟開港150周年を期に策定した未来図を具現化する時期に入った」と意気込む。市内では3月に古町地区で完成した「古町ルフル」や、アパグループ(東京・港)が万代地区で5月に始めたホテル・マンション複合施設の工事など、開発が相次ぐ。「旧新潟三越の跡地活用もあり、大きな転換点を迎えている。町中の緑化も含めて取り組みたい」(中原市長)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]