涙の安売り 美術家 森村泰昌

2020/7/17 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

テレビを見ていたら、小説家の五木寛之さんが登場し、こんなふうに語っておられた。曰(いわ)く、「泣いてもいいが、泣き言は言うな」

今年、夏の高校野球が中止となって高校球児たちも泣いていた。でも泣き言は言わなかった。偉いなと感心した。

若い人の涙は美しいが、大人の涙はどうだろうか。昔の日本の人々は、老若男女、みんなあまり泣かなかった。泣くのは一生に1回だと言わんばかりに、グッと感情を抑えるのが美意識…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]